三井住友VISAカードの詳細について

三井住友VISAカード-ガソリンカードの特徴

ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
「iD」利用で
ポイント
 付与(通常)
1.000円⇒1P
 交換(通常)
1P⇒5円
年会費無料
(条件あり)
1,250円(税別)
(初年度無料)

 VISAは世界170ヵ国、3,000万以上のお店で使えます。その世界シェアトップは「三井住友VISAカード」です。海外旅行保険やショッピング保険、ポイントプログラムなど幅広い利用条件が整い充実したカード機能が特徴です。

 「三井住友VISAカード」は、「三井住友VISAクラシックカード」「三井住友VISAデビュープラス」、そして「三井住友VISAアミティエカード」などの種類が基本カードとしてラインアップされています。

 「三井住友VISAクラシックカード」はスタンダードタイプ、対して「三井住友VISAデビュープラス」は18歳から25歳限定、学生、新社会人へ向けられたデビューカードです。「三井住友VISAアミティエカード」は主婦でも申し込みできる女性専用カードです。

 さて、「三井住友VISAカード」のガソリンカードとしての機能は「iD」ですが、まずは基本機能から触れていきます。

 年会費は、インターネットでの申し込みでは初年度が無料となります。「三井住友VISAクラシックカード」の場合なら、2年目以降1,250円(税別)掛かります。

 しかし、年1回のカード利用+「マイ・ペイすリボ」に登録すれば翌年度以降も年会費は無料になります。年1回のカード利用については金額的条件は不問です。そして、「マイ・ペイすリボ」とは、カードでの支払い全てが自動的にリボ払いになる支払いサービスのこと。

 ただ、リボ払いには抵抗があるという人もいるでしょう。そこで「マイ・ペイすリボ」の設定を行なう場合に、毎月の支払い上限額をカード利用限度額と同額に設定することで、リボ払いであっても実際には1回払いになるという、こんな方法もあるようです。

 また、「三井住友VISAカード」はポイントプログラムも充実しています。通常は1,000円で1ポイント付与。それにボーナスポイントも設定されています。

 例えば、前年度50万円以上100万円未満の利用があったなら、今年度50万円の利用で50ポイント、以降10万円ごとに10ポイント付与になります。更にカード利用金額が増えればボーナスポイントは増えていきます。ネットショッピングやポイントUPモールでは、ポイント2~5倍になるなどお得になる範囲は広がります。

 そして、ガソリンカードとしての「三井住友VISAカード」は「iD」の利用です。この「iD」は、ENEOSやESSO・Mobil・ゼネラルの対象セルフSSでも利用できます。

 「iD」とは、カードや携帯電話(NTTドコモの「おサイフケータイ」)をかざして買物ができる電子マネーのこと。。後払い型のポストペイ方式を採用し、チャージの必要がなく、クレジットカード利用分と合算して支払となります。また、「iD」利用分も通常のクレジットカード利用分と合わせてポイントがたまります。発行手数料、年会費ともに無料です。

【「iD」の特徴】

①「iD」マークのある店で利用できます。コンビニ(セブンイレブン・ローソン・・)や自販機(コカコーラ)でもOK。

②支払手順は、「iD」利用を申し出、カードリーダーにかざすだけです。控えを受け取って終了。基本はサインや暗証番号不要。電子マネーなのでクレジットカードに比較して手軽です。

③小額利用でもクレジットカードとの合算でポイントが貯まるので、現金払いより断然お得です。「三井住友VISAカード」利用額としてカウントされ、合計1,000円毎に1ポイント付与されます。貯まったポイントは「iDバリュー」に交換すれば、1ポイント=5円相当として「iD」利用代金に充当できます。(クレジットカード利用代金にキャッシュバック(充当)なら1ポイント=3円で換算)

④紛失・盗難時による不正利用は、クレジットカード同様の会員保障制度なので安心です。

⑤但し連続して2年間利用が無い場合は、更新時に「iD」機能が解除されることがあります。

 正直、「三井住友VISAカード」は、ガソリンカードとしての割引やそれによる特別ポイントなどではありません。しかし、このカードへ集中させる場合は、「iD」の利用によって浅くでも広くポイントを得ることが可能となります。「iD」利用はポイント獲得機能としては期待感大きいかと。

 なお、「iD」は「三井住友VISAカード」の申込みの際に同時に申込みが出来ます。年会費・発行手数料は無料です。既に「三井住友VISAカード」を持っているのなら、カード会員「Vpass」にログインし、「iD」の形態を決めます。携帯型、クレジットカード一体型、専用型の3種類から選択です。

 次に既存「三井住友VISAカード」の情報を入力、更に「iD」の暗証番号を入力、同意事項を確認し同意すれば申し込み完了です。インターネットからが簡単ですが、電話でも可能です。

カードの機能

ガソリン割引
「三井住友カードiD」で払うとポイント対象

ENEOSやESSO・Mobil・ゼネラルの対象セルフSSでの利用で、ワールドプレゼントポイントが貯まる。


「iD」は、カードや携帯電話(NTTドコモの「おサイフケータイ」)をかざして買物ができるチャージいらずの電子マネー。


「三井住友カードiD」は、年会費・発行手数料無料で別途申し込み。クレジットカードと同時に申し込み可能。小額利用でも合計1,000円ごとにワールドプレゼントポイントが貯まるので、現金払いよりも断然お得。


「iD」が使えるお店(「iD」取り扱いショップ)は、コンビニやファーストフード、ショッピングセンター、タクシー、GS、インターネットショッピング、海外、そして自動販売機など豊富。

ポイントプログラム
【ワールドプレゼントポイント】

ポイント数に応じてキャッシュバック、好きなアイテムと交換

マイレージ、各種ポイントにも移行可能


1.000円⇒1ポイント 通常ショッピング、公共料金など

ネットショッピング:ポイントUPモール⇒ポイント2~5倍

リボ払い⇒ポイント2倍

「iD」ならコンビニ、自販機でもポイントが貯まる


最低ポイント交換数=200ポイント(マイレージ移行=100ポイント)


キャッシュバックサービス

・キャッシュバック⇒1ポイント=3円で換算

・年会費キャッシュバック⇒1ポイント=5.25円で換算、次回のカード年会費相当額をキャッシュバック

・iDバリュー⇒ 1ポイント=5円で換算し「三井住友カードiD」利用代金にキャッシュバック


・有効期限⇒2年間(ポイント獲得月から)

ETCカード
【ETC専用カード】

申込みには三井住友VISAカードが必要


・初年度年会費無料。2年目以降500円(税別)、

※1年間に1回以上ETC利用の請求があれば翌年無料

ETCカード比較

「ETCマイレージサービス」とは、高速国道等の通行料金の支払い額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを無料通行分と交換できるお得なサービス。詳しくはこちらから

入会金・年会費
入会初年度年会費無料(インターネット入会の場合)

*2年目以降1,250円(税別)。クラシックカード
(年会費割引特典:前年度の利用額に応じて翌年の割引特典あり)

カードキャンペーン等

新規入会特典

カードその他

付帯サービス
三井住友カードiD

「iD」は、マークのある店でカードや携帯電話(NTTドコモの「おサイフケータイ」)をかざして買物ができるチャージいらずの電子マネー。年会費・発行手数料無料。


海外旅行傷害保険(2,000万円)

最高2,000万円の死亡後遺症保険、病気や怪我の治療、賠償責任、携行品損害など
※事前に旅費等をカードで支払うことが前提。


ショッピング補償(最高100万円)

カードで購入された商品の破損・盗難による損害を購入日および購入日の翌日から90日間補償。
※一部補償の対象とならない商品・損害あり。
※海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみが対象。


写真入ICカードも選べる

カード裏面にあなたの顔写真が入っている。

支払いサイクル

毎月15日締め、翌月10日支払い。または毎月末日に締め、翌月26日支払い。選択可能。

クレジットカード
VISA、MasterCard
カード発行会社
三井住友カード株式会社
詳細情報・申込み
※掲載内容は十分確認しておりますが、ご利用の際には必ずリンク先の公式サイトで今一度確認下さいますようお願いします。トラブル等の発生に関して、当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご容赦願います。
ガソリンカード比較
ガソリンカード情報
INFORMATION