ガソリンカードのETCカード機能。分離型と一体型の特徴を理解し快適なカーライフを手に入れましょう。

ガソリンカードのETCカード機能

ガソリンカードのETCイメージ

 ETC(Electronic Toll Collection)は、高速道路を利用する時に料金所(入口、出口)通過をスムーズに行う為に、自動で料金を精算するシステムです。


 道路側アンテナとETC車載器との間で無線通信を行い、利用料金は登録した銀行口座から後日引き落とされ便利です。

 でも利用するにはETCカードと車載器が必要。ガソリンカードにもETCシステムを付帯しているものがありますので賢く利用しましょう。

 最近ではETCカードの盛り上がりは過去のこと。休日無料化など施策の消滅でにわか需要は減りました。それでも高速道路の利用でETCシステムは便利です。

ETCカードの種類

 ETCカードは、料金決済に必要な情報が暗号化の上インプットされており、安全で確実な情報交換が可能です。車載器の動作にはこのカードが必要となります。ETCカードは通常はそれ単体での発行は見られません。クレジットカード付帯としての発行がメインです。その為ほぼすべてにおいてETCカードの発行が可能です。

1、「ETC専用(分離型)カード」

 高速道路のETCによる通行料金清算以外には利用できない専用カードです。

≪特徴≫
 専用カードである為にクレジット機能やその他サービスが付いていないので、カードの盗難や紛失にあってもETCの利用しかできないため、被害を最小にすることができます。但し、ETCカードのみでの申込みはできないので、親カード+ETCカードの2枚を申し込むことになります。

 ETCカードしか使わない人は親カードは自宅に保管しておけば安心です。これまでは付帯カードとしての役割から発行や年会費は無料でした。しかし、最近は発行手数料や年会費が有料化しているカードもあります。この辺りは事前の確認が必要です。

2、「一体型ETCカード」

 一般のクレジット機能やサービスシステムとETCカード機能の両方を1枚に合わせたカードです。

≪特徴≫
 ETCでの料金清算だけでなく、ショッピングやその他のサービスにおいて使用することができます。1枚のカードでETC利用とその他の機能両方が使えます。

 但し、盗難や紛失にあった場合は、通常のクレジットカードと同様に被害金額等が大きくなる可能性があります。

ETCカードの選び方

 ETCカードは飽くまでもメインとなる親カードの付帯サービスです。カード自体の機能はどの会社も同じ。その為選ぶポイントとしては利用頻度が高い既存のカードがあれば、それにETCカードを追加発行してもらうのがベストです。

 既存のカード利用で受けたサービスに高速道路利用のサービスが上乗せされ、カードから受ける恩恵は2重3重に高まります。

 ETCカードだけが必要な場合は、年会費無料のカードを選ぶことにより無駄な出費を抑えることができます。

 「JCBドライバーズプラスカード」のように、カード利用金額によるキャッシュバック率が決定された後、カード利用が高速道路も対象とするものもあります。このカードを選択することでガソリン給油以外高速利用にもお得が見出せます。

 ETCカードの利用は本カードとなるガソリンカードの利用総額に反映されます。これによりカード利用の総額からキャッシュバックが決められる場合、大きな還元額への期待が膨らみます。

 ETCカード単体ではそのお得を見出すことは出来ませんが、どのガソリンカードの付帯であるかによって最終的なカードの還元率に影響してきます。

ガソリンカード特徴
ガソリンカード情報
INFORMATION