石油元売系ガソリンカードvsクレジット会社系ガソリンカード。どちらのガソリンカードがお得か比較

石油元売系ガソリンカードvsクレジット会社系ガソリンカード

 ガソリンカードは、「石油元売系カード」と「クレジット会社系カード」に大別できます。双方とも発行はクレジット会社なのですが、石油元売系カードは石油元売系会社とクレジット会社のコラボカードです。利用ではその系列でのみガソリン割引システムなどが対象となり、プロパーカードと称されることがあります。

 一方、クレジット会社系カードは、クレジットカード会社のオリジナルカードです。その対象は一部で系列を限定しているカードも見られますが、どの系列でも利用できることがこのガソリンカードの特徴と言えそうです。

石油元売系カードの特徴

 石油元売系カードは、系列に縛りがあることで給油の利用は限定されます。しかし、大手の石油元売系はすべてでガソリンカードが発行されており、利用対象とする系列カードを選択すればよいことになります。系列を横断しての利用は出来なくとも、ガソリン割引システムは系列の各カードによって異なり、より自身の利用環境に合ったカード選択が可能となります。

 特に、ライトユーザーに対しては1リッター当たり○円引きという「定額割引き」タイプは、還元率からして最も有利であり、このラインアップは石油元売系カードの特徴でもあります。

 但し、頻繁に系列を横断して利用するユーザーに対しては、それぞれの利用に沿ったカードが必要になります。これにより、たとえヘビーユーザーであってガソリンカードの利用は分散し、ガソリン割引への期待は半減してしまいます。

クレジット会社系カードの特徴

 クレジット会社系カードは、一部で系列の限定が見られますが、どの石油元売系列で利用してもガソリン割引が対象となることが特徴です。

 例えば、初めて訪れる地なら系列のGSはなかなか見つけずらいことも。また、近くに出来た新しいGSは安くて便利なのですが、系列が異なると割引が受けられません。このように折角安く給油出来そうでもその系列に縛られることで、お得が得られないこともあります。

 この点で系列に縛られないクレジット会社系カードなら、いつでもどこでも割引が受けられるということです。

 これほど便利なクレジット会社系カードですが、発行されている種類は限られます。また、主にヘビーユーザーを対象にしている雰囲気も強く、だれもが期待通りのガソリン割引を得られるとは限らないのです。特に、最近ではライトユーザー向けの「固定値引き」タイプはほとんど見られません。この点はやや気になるところです。

 どちらがお得か

 「石油元売系ガソリンカードvsクレジット会社系ガソリンカード」と考えた場合、どちらがお得か考えました。

 明らかなのは系列を横断して利用するヘビーユーザーなら、クレジット会社系カードがお得となる場合は多いはずです。

 また、ライトユーザーなら利用する系列は固定されるのですが、間違いなく石油元売系のそれも「定額割引き」タイプを選択すべきかと。

 しかし、一般論として答えを出すのは難しい。というのも、やはりガソリンカードとしての括りでは、その利用環境に左右されるからです。最終的にはシミュレーションした上で的確に判断すべきとなってしまいそうです。

ガソリンカード比較情報
ガソリンカード情報
INFORMATION