ガソリンカードの特徴。ガソリンカードはその特徴から様々なタイプに分けられます。

ガソリンカードの特徴 (ガソリンカードとは)

 給油での支払いをカードにすることでガソリンが割引になったり、ポイントが付与されたりするのが最大の特徴です。ガソリン系クレジットカードやガソリン割引カードなどと呼ばれることもありますが、最近ではガソリンカードが定着しています。

 発行はクレジットカード会社です。形態は石油元売り系会社とクレジット会社のコラボカードが主ですが、ガソリン割引機能を持たせたクレジット会社のプロパーカードであったり、更にはその他業種とクレジット会社のコラボカードなども存在します。

 形態こそクレジット会社とのコラボカードですが、石油元売り系会社の関わるカードは石油元売り系プロパーカードとしての認識も訴えています。

 そのような発行形態を持つわけですが、石油元売り系会社にとっては宣材としての重要な役割を担います。カードの発行が多ければ宣伝効果は上昇し、新規ユーザー獲得とリピートユーザー維持に繋がります。

 一方クレジットカード会社にとっては、積極的関わり無くともガソリンカード利用が進めば利益還元が期待できるのです。

 そして何といっても、その利用によるガソリン割引はユーザーへの絶対的還元として位置付けられます。

 これら3者の関係が成立することでその存在が維持されるのです。要は3者によるwin・win・winが見出せるということです。

 しかし、飽くまでもメインはユーザーであり、その利用によってお得を得るために如何に実践すべきかは重要です。メイン機能である1リッター当たり2円引きは有効か、それともカード利用金額による流動値引きか、はたまたポイント付与がよいのか。

 これらの機能はカードの評価を左右する重要なものとなります。しかし、それ以外でも通常のクレジットカード機能も見逃せません。

 例えば、ガソリン給油以外でのショッピング等によるポイント機能。これはクレジットカードでは定番のメイン機能ですが、ガソリンカードではサブ的扱いです。その他各種保険や割引など。

 でも、これまでからガソリン割引になるメイン機能以外は、その重要度はそれ程高いモノとはなり得ないような気がします。

 クレジットカード会社では、その勢いに乗りガソリンカードに多くの機能を搭載したオールラウンド性の高いカードの訴えを強化してきました。一定の評価を得るものの、最近ではその機能は整理されつつあります。

 より多くの機能を持つものは、お得を広くフォローできるのが狙いとなります。しかしそれには限界も伴います。対して、狭く深くを追求するものは、ガソリン割引への期待がより高まるということに。

 但し最近は、クレジットカード会社にとって必ずしもメインとはなりきれない事情がありそうです。ガソリン需要の低迷はかつてのような消費への期待が得られないのです。

 このような現状ですが、それでも今後のガソリン価格の高騰を意図すれば、その利用による割引は常に魅力あるものに変わり無いと思います。

ガソリンカードへの期待

 ガソリンカードを申し込むその最たる理由、それはガソリン代を1円でも安く購入したいという切なる願いです。

 ガソリン代が1円でも安くなる方法を模索しているユーザーと、それを介してガソリン代を安く提供した結果ユーザーの獲得に繋げようとする企業との利害が一致した結果、カードの契約が成立します。

 その為には、目に見えてガソリン代が安くなるサービスが訴えられていなければなりません。2次的還元サービスの展開でガソリンが安くなる方法を訴えられても、ガソリンを1円でも安く購入したいユーザーにとっては、魅力あるカードとしては写らないのが現実でしょう。

 直接的に「ガソリン代○円一律値引き」というサービスシステムは、ユーザーに対して安さを強調する画期的なカードとして受け入れられそうです。但し、カード会社にとっては、よりカード利用の積極性は望みたいところ。よって、昨今ではヘビーユーザーへの還元比率が高いガソリンカードへの変革が進んでいます。

ガソリンカードの機能

 ガソリンカードにとって最も魅力あるサービスシステムは「ガソリン代の割引」ですが、昨今の競争激化の中では、それだけでは他との差別化を図りユーザー獲得の難局を乗り越えるには役不足です。

 その為カードにはガソリンの割引以外の機能を搭載し、カードの魅力を高めています。それらの基本機能の詳細は以下から。

ガソリンカードetc.

 その他ガソリンカードの特徴について考えてみる。クレジットカードの特徴も添え有意義なカードライフの実現に参考にしてみてはいかがでしょう。

ガソリンカード特徴
ガソリンカード情報
INFORMATION