ENEOS(エネオス)系ガソリンカード比較。ENEOSで使えるガソリンカードを比較。

ENEOS(エネオス)系ガソリンカード比較

ENEOS

 ENEOSはJOMOとの経営統合では更なるサービス拠点の拡大が図られ、その数は全国12,000ヶ所以上。当然業界一位です。


 ENEOSとは「ENERGY/エネルギ-」と「NEOS/ネオス(ギリシャ語で新しい)」という二つの言葉の組み合わせによる造語。様々なエネルギ-のメニュ-を取り揃えて、お客様一人ひとりに満足をお届けしたいという思いを込めているという。

 ブランドマークは「エネルギー」を象徴的なフォルムでデザインし、中心の球体は「信頼性」と「永続性」を、外に広がるスパイラルは「創造性」と「革新性」を表している。

 最近では「エネゴリくん」が有名。「エネルギー」+「ゴリラ」が名前の由来。「エネゴリくんの星」から地球にやってきた。子たちが好きで世話好き。感動したりコーフンしたりすると胸を激しく叩き、「ウホッ!ウホッ!」と叫ぶ癖がある。TVCMでおどけたキャラクターとしてENEOSの象徴?になりつつあるような。水川あさみとのコンビはなかなか好感が持てます。

 「ENEOS(エネオスカード)カード」は2010年10月からカード機能の変更を実施。それまでのカード機能は形態を変え、新たにトヨタファイナンスから発行される新カードが、よりメインカードとしてのポジションを高めています。それらは特徴により3タイプ存在します。

 ヘビーユーザーへ訴えるキャッシュバックタイプの「ENEOSカード C」、ポイント重視の「ENEOSカード P」、そして従来のカードを踏襲する定額割引のスタンダードタイプ「ENEOSカード S」です。これら3タイプを揃えることで期待機能はほぼ踏襲しています。

 サービス拠点のほぼ全てで利用できる強さは、使用範囲において最も強さを発揮します。便利さと豊富な機能を備え持つ「ENEOSカード」、業界での存在感は圧倒的かと。

ENEOS(エネオス)で使える提携ガソリンカード

 ENEOSで利用できるカード実は「ENEOS(エネオスカード)カード」だけではないのです。「ENEOSカード」をプロパーカードとした場合、他に提携カードが存在します。この提携カードは、ポイントやマイルがたまるシステムが主流。それも通常よりも得られる還元率が高いのです。

 石油元売系列カード、いわゆるプロパーカードはガソリンの割引がメインとなるシステム、それは定額割引やカード利用金額によるキャッシュバックなど。しかし、提携カードはポイントやマイルの上乗せが主たる機能として、本来のカード機能を踏襲しながらもプロパーカードとの差別化を図ります。

 ENEOSでは、多くの提携カードを設定することで顧客の呼び込みを図るのが狙いです。本来ガソリンカードの狙いはそこにあり、自社系列でのカード発行に捉われず提携による効率化は意外な効果が得られそうです。

 但し、提携カードにはENEOSだけではなく他の石油元売系列との提携も見られます。その点でプロパーカードに比べ顧客の固定化率は低いかもしれません。

ページの上へ

ENEOS(エネオス)で使えるガソリンカード一覧

ENEOSカード C
「ENEOSカード C」を使えば使うほどガソリン代が安くなる。1ヶ月間の利用金額によって値引き額がUPしていくシステム。毎月のカード利用金額に応じてガソリン・軽油が最大7円/L引き。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ガソリン・軽油
最大7円/L
灯油
1円/L
別途発行
(年会費無料)
無料付帯 初年度無料
1,250円(税別)
ENEOSカード P
「ENEOSカード P」を使えば使うほどポイントがたまる。ポイント還元率は、ENEOSの利用で1,000円毎に30ポイント(3%)、一般加盟店利用で1,000円毎に6ポイント(0.6%)。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ポイント付与
1,000円⇒30P
交換
1,000P⇒1,000円
付与
1,000円⇒6P
交換
1,000P⇒1,000円
別途発行
(年会費無料)
無料付帯 初年度無料
1,250円(税別)
ENEOSカード S
いつでもガソリン・軽油が2円/L引き、灯油が1円/L引きになるシステム。また、年会費は年1回のカード利用で翌年無料になるなどそれまでの「ENEOSカード」の機能を踏襲。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ガソリン・軽油
2円/L
灯油
1円/L
付与
1,000円⇒6P
交換
1,000P⇒1,000円
別途発行
(年会費無料)
無料付帯 初年度無料
(年1回カード利用で翌年も無料)
1,250円(税別)
楽天カード
ガソリンカードとしての「楽天カード」は、ENEOSでの給油から洗車、オイル交換等のカーケア商品までポイントが2倍。通常100円で1ポイントのところ100円で2ポイントが適用となる。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ENEOSで
ポイント2倍 
付与(通常)
100円⇒1P
交換(通常)
1P⇒1円相当
別途発行
 年会費540円(税込)
永年無料
ガソリンカードとしては「楽天カード」同様ながら、「プライオリティ・パス」に無料登録できるのはこのカードならでは。「プライオリティ・パス」との提携カードは全てハイステイタスカードのみ。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ENEOSで
ポイント2倍 
付与(通常)
100円⇒1P
交換(通常)
1P⇒1円相当
別途発行
 (年会費無料)
10,800円(税込)
TSUTAYA Tカードプラス

ガソリンカードとしてはENEOSでの利用でTポイントが貯まる。ENEOSは提携企業のひとつ。基本的にTポイントの提携は1業種1企業の原則で、ガソリンスタンドはENEOSのみ。 ≫詳細

ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ENEOSで
Tポイント 
 付与(通常)
 100円⇒1P
 交換(通常)
1P⇒1円
別途発行
(発行手数料有)
実費にて付帯 初年度無料
(年1回のカード利用で翌年も無料)
三井住友VISAカード
ENEOSやESSO・Mobil・ゼネラルの対象セルフSSで、「三井住友カードiD」で払うとポイントが貯まる。「iD」は、カードや携帯電話をかざして買物ができるチャージいらずの電子マネー。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
「iD」利用で
ポイント
 付与(通常)
1.000円⇒1P
 交換(通常)
1P⇒5円
年会費無料
(条件あり)
1,250円(税別)
初年度無料
(条件により翌年も無料)
ANA JCBカード

マイルシステムである「ANAカードマイルプラス」は、「ENEOS」と「出光」でのカード利用でマイルがたまる。また、JCBの「Oki Dokiポイント」は「ANAマイル」へ移行できるシステム。 ≫詳細

ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ENEOS
100円⇒1マイル
出光
200円⇒1マイル
付与
1,000円⇒1P
交換
1P⇒5円相当
別途発行
(年会費無料)
初年度無料
2,000円(税別)
JALカード
ENEOSでの給油なら、ショッピングマイル・プレミアムに入会の場合100円で2マイル、ショッピングマイル・プレミアムに入会でない場合でも200円で2マイルが付与になる。 ≫詳細
ガソリン割引 ポイント ETCカード ロードサービス 年会費
ENEOS
100円⇒2マイル
or
200円⇒2マイル
マイル
200円⇒1マイル
別途発行 初年度無料
2,160円(税込)
普通カード
ガソリンカード比較
ガソリンカード情報
INFORMATION